スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録 伊藤計劃 著 「harmony/」 早川書房

「わたしたちはどん底を知らない。どん底を知らずに生きていけるよう、すべてがお膳立てされている。」
 このセリフをどこかで聞いたことがありませんか?2015年秋には映画化が予定されていますね。今回紹介するのは、伊藤計劃 著 「harmony/」 ハヤカワ文庫JA です。冒頭のセリフは、「harmony/」 ハヤカワ文庫JA P14 L16~P15 L2 からの引用で、主人公のクラスメート、御冷ミァハの口癖です。


著者について


著者の伊藤計劃は武蔵野美術大学出身で、「虐殺器官」で2007年に作家デビューを果たしています。しかし2009年に34歳でこの世を去っています。



概要について


 2019年に発生した世界的な大暴動、<大災禍>により国家が消滅し代わりに、生府と呼ばれる、提供される医療サービスを受け入れ、お互いが社会のリソースであるという意識を構築し調和を保つことを是として一定の合意を得た共同体が生まれた。主人公の霧慧トァンの視点で物語が進行していく。

 共同体のリソースであるという考えから離脱するため、トァンの学友である、御冷ミァハと零下堂キァンとともに心中しようとするが、トァンとキァンはそれに失敗する。

 それから13年後、WHOの人間になったトァンは、13年ぶりにキァンと再会し食事を共にするが、突如キァンが食事の最中に自分の喉をテーブルナイフで突き刺し自害する。このような出来事が世界的な規模でしかも同時におこり、3000人近くの人間が自殺をする。

 トァンは原因を探っていくと、かつて自分と母を捨てて、研究をするために他国へ移った父が今回の事件に関与しているのではないかと考えるようになる。
 
 トァンの父、ヌァザは自分が開発した「Watchme」と呼ばれる超小型の医療用ナノロボットが今回の事件の発端になったとトァンに話す。「Watchme」は自分の健康状態を本人に知らせてくれるデバイスで、生府樹立後は無くてはならないものであった。



感想について


 この作品を読んでみると、まず①世界設定が巧みであること、②3人の少女の物語、の2つが印象的でした。2019年に発生した世界的な大混乱により新しく人間の秩序が構成されるも、今までの過ちを犯さないために極端な解決策をとってしまった結果が、生府を生み出してしまったという流れは人間社会をよく反映しているなと思います。

 加えて、近未来感を出すためにあえて変わった名前をしようしているのも、読者に私たちがいる世界とは価値観も時代背景も違うことを強調する働きがあるのかなとも思いました。

 この作品の上手いなあって思ったところは、科学的事象に焦点を当てるのはもちろんなんだけど、社会や人間関係が科学によってどのように変わってきてどのように変わっていくのかをはっきり書いていて、時の流れと社会の流れが読み取りやすかったです。
スポンサーサイト

数学科進学について

 大学に入って上級生といえるような立場にもなったのでここからは数学科を志望する人あるいはもういるよって人向けに書いていくことにします。

 まず数学科に進学したいという高校生に対してですが、数学科での数学は高校までの数学とあまり変わりません、わけはないです。専攻する数学の分野にもよりますが、大学入試の数理パズル的なものを期待してくるとあまり楽しいとは思えなくなるかもしれません。

 高校まででは、ベクトルや微積、数列、図形と方程式などほとんどの問題は計算すれば答えがでるようなものであったと思います。証明問題が出たとしても大体がどっかの大学の過去問と似たり寄ったりであるため方針が立つことも少なくないのではないでしょうか。

 大学の数学も初年度は当てはまりますが、2年生から位相空間論を習い始めたあたりで、旅立ってしまう人が急増します。(大学によっては1年生でやるところもあるかもしれない。私は2年次に履修した。)思えばここが数学科で学ぶ数学ができるかできないかの分かれ目だと思います。

 多くの初学生にとっては定義ですら、「なんぞこれ」となり、問題を解くことに至っては方針すら立たないはずです。もちろん簡単な計算で解けるものもありますが高校数学に比べると極端にその数が減ります。

 ここで、粘ってきちんと定義を理解することが非常に重要で、このあたりで勉強を確立させた人は相当伸びるし、ここでこけると後々代数や解析、幾何でもすってんてんになること間違いなしです。

(ちなみに私の友人は位相空間と解析でこけたため代数にも幾何に解析にも行かず、情報数理に行ってしまった。もちろん応用数学も基礎がわかっていないと、吹っ飛ばされること必至であるのでなかなか難しい。)

 数学の勉強の仕方については有名なのが以下の河東先生のサイトが参考になる。http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~yasuyuki/sem.htm 高校でここまでやる人はめったにいないが大学ではこれくらいやらないととてもものにならないです。(というかこれくらいやると否が応でも身につく。)かなり極端だとは思いますが、勉強法に関しては自分の才能と相談するところでしょうね。

 数学科に来てしまいました()編はまたの機会にします。

読書記録「死の棘」

今日紹介するのは、島尾敏雄 著 「死の棘」(全集 現代文学の発見 第5巻 日常の中の危機、 學藝書林 所収)です。一昔前Twitterでこのようなものがありました。

https://twitter.com/matu2syun/status/563901234952683520

RTで回ってきて興味をもったので実際に読んでみたので紹介していきたいと思います。

全集・現代文学の発見〈第5巻〉日常のなかの危機 (1968年)全集・現代文学の発見〈第5巻〉日常のなかの危機 (1968年)
(1968)
大岡 昇平

商品詳細を見る


(注)ネタバレを含みます。


著者について

著者の島尾敏雄は、九州帝國大学経済科に入学した後、文科に転科し、東洋史を専攻した小説家で、代表作として「夢の中の日常」、「出発はついに訪れず」、「死の棘」などが挙げられます。島尾は海軍大尉でもあり特攻隊として出撃命令を受けたが、発信の命令を受けずに終戦を迎えたそうです。


概要について

非常勤講師と物書きで生計を立てている主人公は、妻のミホ、娘のマヤ、息子の伸一、と4人暮らしであったが、10年間もの間妻を騙して浮気をしていた。そしてある日妻が耐えかねて家を出ていこうとするも夫がそれを止め夫婦生活をとりもどしていこうとする。しかし10年間裏切られ続けていた妻は夫を全く信用しておらずノイローゼ気味になってしまう。


感想について

上のTweetを見るかぎりヤンデレ全開な人が出てくると思っていたのですが、そうではなく家族関係が崩壊しかけている中で、夫と妻が精神的にどのように変化していったのかを夫側の視点を中心に書かれていました。たしかにヤンデレ(?)な記述もなくないのですが、ノイローゼ気味になってヒステリックになった妻が夫に詰問をしていく、というのが近い気がします。

読書記録 ポールグレアム 著  川合史朗 監訳  「ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち」 

今日は、ポールグレアム著 川合史朗 監訳 「ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち」 オーム社
です。

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たちハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
(2005/01)
ポール グレアム

商品詳細を見る



著者について


著者のポールグレアムは、アメリカ人プログラマーでエッセイストである。彼はコーネル大で哲学の学士号、ハーバード大でコンピューターサイエンスの博士号を取得していて、さらにロードアイランドデザインスクールで絵画を学んでいる。エッセイストとしては、paulgraham.comでエッセイを書いている。本書は、このエッセイがまとめられたものであるが、日本語版書籍独自のものとして、「素晴らしきハッカー」、「メイド・イン・USA」が掲載されている。


概要について


本書は、各章が独立しているので、第2章の「ハッカーと画家」を中心に述べたい。「ハッカーと画家」という題名からもわかるように、ハッキングやIT知識と、画家(絵を描くことの)との関連が述べられている。第2章の「ハッカーと画家」では、ハッカーと画家には共通点がありそれは、ものを創る人間であるということ、と筆者は言う。画家は、絵の描き方を理論と実践、つまり描き方を教科書や他の作品から学び、実際に自分の手を動かして身に着けていく、という過程を踏んでいくが、ハッカーもこれと似ていて、大学の授業で初めてプログラミングを学ぶというよりは、自分で自主的にプログラムを書いて学ぶ。そうするとハッカーも、「良いプログラミング」を見ることが必要になってくる。
また、ユーザーの視点に立って良いものを作ることが出来るか、というのもハッカーと画家にとっては大きな課題である。ソフトウェアは絵画と同様に多くの人が見るし、たくさん利用してもらうためには、他者に共感する能力といったものが必要になってくる。共感能力は、専門的な知識を専門外の人に教えるときに発揮されるという。専門用語や概念を定義通りにしゃべっても非専門の人で理解できる人はほとんどいないだろう。


感想について


 この本は、プログラミングに興味ある人、起業に興味がある人、ITや情報系に詳しいひとが読むとめちゃめちゃ面白いと思います。専門用語が良くわからなくても巻末に開設が載っているし、紹介した第2章や第6章「富の作り方」など、「コンピューター全くわかんない!」って人でも十分食いついていける内容です。それとこの本のとても気に入っている点が、文章表現が面白いんですよね。例えば、
「計算機科学とは、ほとんど関連のない分野が歴史的な偶然からいっしょくたに袋に放り込まれたもので、行ってみればユーゴスラビアみたいなものだ。」(本書P23 L16~L18より引用)

「色褪せない解を目標にするのは最良の解を見つける良い方法だ。誰かが自分よりうまい方法を見つけられるだろうと思っているくらいなら、その方法を自分で見つけなくちゃ。最も偉大な人々はこの方法を突き詰めたおかげで、後から来る人が改善する余地がほとんどないものを作り上げた。デュラー以降の版画家は彼の影の中で生きることを強いられた」(本書p140 L11~L15より引用)

とかすごいうまい表現だなって思いました。
 読んでいてこれって、私の専門の数学でもかなり言えるんですよね。数学では、多様体っていう幾何学的な対象をもとに議論を進めていくことが非常に多いのですが、これも19世紀から20世紀にかけて、ウィッテンとかリーマンとかがかなり上手く定義してしまったせいで、汎用性が非常に高い理論になってしまったんですよね。結果的に、それを基にいろんな深いテーマが出てきてるので、数学も似たようなものかなと思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。