スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流通革新!POSデータとは…?

 2015年が始まって、1ケ月が経とうとしていますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?私は、ふとしたことがきっかけで経営学のゼミにこの春から所属することになりました。内容は意思決定論です。数学専攻から経営学専攻に移ったわけではないですよ。なんで、入ったのかはまた近いうちに書きたいと思います。

 
 そこで、経営学部の授業を受けていて1つ興味があったものを書いていきたいと思います。私たちが普段よく使っている、コンビニでは、在庫がなくなったり過剰になってしまったりすると、1店舗では目立たないくらいの損でも、全国すべての店舗になると膨大の額の損失が出てしまいます。


 セブンイレブンを例にとると、全国に17206店舗(2014年12月末現在)あり、平均して1店舗あたり1日1000円程度の過剰商品があったとすれば、17206×1000=1720,6万円分の商品が売れ残ったままになるのです。これが1日当たりの余剰なので在庫の管理というものが小売業にとってはとても重要な問題だということがわかると思います。そこで開発されたのがPOSデータです。


 POS(Point of Sales)データとは、過去の売り上げ時のデータをもとに商品を発注するシステムのことです。ここでは、コンビニを例にとって考えてみましょう。

 
 天気や気候によって買いたい商品はまちまちです。暑い日なら冷たい飲み物が買いたくなるし、雨が降ってきたら雨具がほしくなります。そこで、1日の気温や湿度、気候の変化、時間帯、店舗、個数を変数として、どのような商品が売れていて、どのような商品が売れていないのかをデータとしてとっておきます。それを積み重ねていくと膨大な統計データになり、天気によって仕入れるべき商品とそれほど多くなくて良い商品がわかります。このようなデータの事をPOSデータといいます。


 このPOSデータを使うことにより、情報の効率化につながり、それがさらに物流の効率化へとつながっていきます。この流れを、SCM(サプライ・チェーン・マネジメント)といいます。


 
 

 ゆえに、このPOSデータ(デジタルデータ)により、
①単品管理、②死筋商品の把握、③欠品防止


の3つが可能になります。特に単品管理は重要で、店内で売れない商品を除き売れる商品を仕入れることで売り上げを改善していくことが出来るからです。また、鮮度の管理もしやすく生鮮食品も扱うコンビニでは単品管理が大切です。


 さらに小売のPOSデータを異なるメーカー間で共有することにより物流の効率化が進む。加えて、その企業同士の関係性はほかの企業よりも良くなるので、小売り側も優先してその企業の商品を扱うようになりその結果、ライバルの商品が参入しにくくなる。


 
 このようにして、POSデータは有効的に活用されています。


これ、今度の試験に出るらしいんですよね(笑)まじ、やばいです泣


もし経営学の授業を取ってる人の役に立てば幸いです。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。