スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクティブ・ラーニング・・・?

 ようやく大学のテストも終わりいよいよ私も春休みです。みなさん春休みはどうしているのでしょうか…留学とか旅行とかですかね?就活生はESを書くのに必死になっているのでしょうか?

 私はといえば、大学の実験的授業とやらに出席して今日は「アクティブ・ラーニング」というのを体験してきました。アクティブラーニングというのは、ビジネススクールの授業のように特定の企業についてのケースが配布されて、分析、問題提起、意思決定を行う学習法のことです。

 例えば、ベンチャー企業の創立から現在に至るまでの経営状況の一部が書かれたケースをもとに、「この企業の問題は何か」、「今後解決していくべき課題はなにか」、といった事を自分で提起して解決します。なので、教員から前もって「〇〇〇を述べなさい」のように言われることはないので、通常の授業とはかなり異なります。

 さらに、自分で課題を見つけて解決するので教員から正解をもらうことはありません。普段の授業では、テストでもなんでも解答が配られたり、PDFなどでアップされたりすることがありますが、そんなことは一切ありません。故に、自分で答えを創りその正しさを論じていかなくてはなりません。

 このように、自分で課題を発見し自分で解決する、といったことに私は苦労しました。というのも複数の解答が可能になる問題になれていないからです。私を含める理学系の人の多くは、長い文章を読んで書いて説明する、という訓練を文系ほどやっていない場合が多いので、なれないと(向いていないと?)かなり苦労するかもしれません。論理で詰めるところは論理で詰めて、意見が必要なところは意見を述べるということの区別ができるととても良いです。
 
 またこうしたケース課題は、自分が将来働くようになったときに直面するであろう問題を含んでいるため、ケースを通してビジネスの雰囲気を体感することもできるかと思います。

 次の授業では、ディスカッションを中心に行われるのでそのことはまた次の記事に書いていきたいと思います。それでは。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。