スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書記録 木下是雄著 「理科系の作文技術」 

 おはようございます。今日は、大学入学時に購入した(そして積読のままだった)「理科系の作文の技術」を読んでました。この本では、理系大学生をターゲットに、「レポートや論文をどのように書いていったらよいか」を具体例を示しつつ述べられています。

 この本のどこが気に入ったかというと、文章の組み立て方やパラグラフの意味、述べたいことを簡潔にすること、の大切がはっきりしていてとても読みやすかったです。

 レポートが課されてもどう書いてよいかわからない、という学生や社会人の方でも企画書を書くときにかなり使えます。

理科系の作文技術 (中公新書 (624))理科系の作文技術 (中公新書 (624))
(1981/01)
木下 是雄

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。